部門紹介手術部

部門紹介 手術部

Philosophy手術室における手術や処置を介して患者さまの治療に携わります。
安全で標準的な手術の遂行および支援を目指しています。

通院されている地域の患者様や、他の医療機関から紹介いただいた患者様などに、疾患を治療する手段の一つとして手術療法を提示します。
手術を行うことになった際には、治療内容をご理解いただけるよう十分な事前説明を心がけ、安全に配慮しながら遂行するようにチーム一丸となって取り組んでいきます。
主に火曜、木曜に稼働しています。

  • 一般外科・消化器外科分野

    ◆一般外科:皮膚腫瘍切除や大きな外傷処置など
    ◆消化器外科:
     ・良性疾患:鼠径ヘルニア、虫垂炎、腸閉塞、胆嚢炎・胆石症、痔瘻、痔核 など
     ・悪性疾患:胃癌、大腸癌、膵癌、肝癌、抗がん剤治療のための中心静脈ポート埋込術など。

     腹腔鏡手術については、胆嚢摘出術など適応が標準化された一部の手術では導入して行っています。
     年間手術件数(直近5年):25~30件

  • 整形外科分野

    主に変性疾患や外傷に対する手術を幅広く行っています。
    ばね指や腱鞘炎などに対しての侵襲の低い一部の手術は日帰りでも行っています。
    年間手術件数(直近5年) :25~30件